スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年02月15日

ジャガーノート Mk2を作る その5


日が開きました 
少しずつ進めているのですが、微調整などの地味な作業で特に
紹介しようがなかったし・・・






唐突に、解説を始めると 型紙を元にライオンボードにトレース カッターで切り出します。
写真のようにブロックごとにフレームを切り出します



切り出したパーツは一度 テープで借り留めして
装甲板とのバランスなどを確認 微調整をしていきます。





そして、装甲とフレームの接続はボルトとナットで行うので フレーム側にボルトを埋め込みます。
こんな具合に 埋め込んでいくと装甲の内部はナットだらけになりました。
これを組み立てるときめんどくさそうだね・・・・


ちなみにフレームの正面部 フロントフレームはビス留め位置が左右1か所でしっかり固定できないので
このように金具を取り付けて サイドフレームと接続するような感じに変更

これで強固に固定できます。


そして現在ブースフル稼働で塗装してます。
なんとか今週中に塗装終わらせたい・・・23日に間に合うか・・・?  

Posted by スケルコ  at 14:22Comments(1)ジャガーノート

2014年02月11日

ジャガーノート Mk2を作る その4

たまーにはサムネに違う画像でも

現在このジャガーノートを改修中です

引き引き続き ネックアーマーの記事
前回が「カタガミ編 前・後編」でしたが 
今回は「キリダシ編 前・後編」になります(*´ω`)



早速、前回作った型紙を元にライオンボードにトレースしていきやす。
本当にネックアーマー大きい・・・・1枚1500円(o;ω;o)
そして切り出して・・・なんだけど 熱中しすぎて写真撮り忘れて
いきなり、ホーマックで買ってきた材料の写真!


ネジやらナットやら金具やら買い込みました
2000円分くらい これが無いと組み立てられないのでやんす。


さてさて、少し前に紹介した 設計図案で描いた通り
今回は装甲板に4分割したフレームを接続していく形式なので
装甲板の前後をしっかり固定せねばいけません

(^ω^)接着するぉ と行けばいいのですが
収納の事を考えるとできるだけコンパクトに分解できなければなりません
尚且つ、前後をしっかり接続固定する方法を考えました


前側の装甲板の端に金具を取り付けます。
ライオンボードは柔らかいので簡単に穴が開くので
ネジ止めは楽です。




反対にバックルを取り付けて完成 
これを左右に配置してしっかり繋ぎ止めて接続が出来るようになりまんた
ただバックルだけだと上下にずれてしまったり 
受け側の金具がふいにずれて外れてしまうので中に芯を埋め込んであります。

使ったものは、部屋に転がっていた裁縫用の簡易ポンチ
リベットを買う度についてくるから6個もありまんた




というわけで、バックルと芯でばっちり固定 
そのまま、マネキンに被せてみまんた
外れたりズレたりしないので 完成!!



フレームの型紙を被せてみました
上手にバックルはフレームで隠れてくれるのも計算通り
次回はフレームの切り出しと取り付けです
コレガタイヘンソウナンダヨナ・・・・  

Posted by スケルコ  at 22:54Comments(0)ジャガーノート

2014年02月10日

ジャガーノート Mk2を作る その3

今回もジャガーノートスーツの作り方の記事です。
全開に、引き続きの型紙編です。

飽きないでください






全開フレームを作ったので今回は、前後に分かれる緑色のアーマー部分の型紙を作ります。
前の部分はあっさり 前のフレーム同様 実物からトレースして切り出し
とりあえず、フレームにくっ付けてみる



問題は後ろのアーマーでとにかくでかい
横幅82センチ 高さも50センチ超え
型を切り出すのも大変でした(カッティングマットの長さ足りない!





なんとか切り出してとりあえず組み合わせてみたが
バランスが悪いというか一回り大きすぎるよね
全開のがあまりも小さかったので意識しすぎて大きくなり過ぎた




というわけでフレームを左右で4センチカット
これでバランスもよし
正面から見た絵もいい感じだし
アーマー内に余裕を持たせることもできた

さて、次回から本番 パーツの切り出しと組み立てです。
  

Posted by スケルコ  at 23:15Comments(0)ジャガーノート

2014年02月09日

ジャガーノート Mk2を作る その2

休日だ!!ってことでジャガノを進めていたら
もう曜日の夜だ・・・明日有給取ればよかった・・・



今回は写真でアップになっている部分
ジャガノのメインともなる ネックアーマーの続きです。
というか、当面の間はネックアーマーの製作記事になると思われ


 
型紙を作るのでボール紙にネックアーマーを描いていきます。
これはフレーム部分の正面部



その2過去に作った実物があるので 実物採寸!!
形がとても複雑なので 実物でトレースできるのはとても楽
若干今回の仕様に合わせて形状を変更させたり・・・




描いたら切り出して貼り付けてをひたすら繰り返すのみ。
時々、長さや太さ諸々のバランスを整えて
再度切り貼りして


ネックアーマーのフレームの型紙が完成
ここまでで大よそ5時間・・・・

  

Posted by スケルコ  at 21:25Comments(0)ジャガーノート

2014年02月08日

実物 G33ブースター(^ω^)おっ2 レビュー

前の記事の続きで実物G33のレビューです。

購入のきっかけにもなった、WEのガスブロACR
目指すところとしてCoDMW3のACRを目指します。
譲ってくれた知人に感謝!!




とりあえず乗っけてみた。
ちなみに手前に取り付けてあるのは EoTechの511ホロサイトこれも実物
511の場合STSマウントにスペーサーを噛ませずに使えます。



1つ前のG23より色々改良を加えられているようで
まず、FTSマウントなるものから STSマウントになっているようで・・・・
G23はボタンを押すとバネの力でブースターが倒れたのですが
使っているうちにバネやらツメやらが摩耗して勝手に動いてしまう
という問題でとても不人気だったそうな・・・

それに対しG33は手で押して倒します。
押し倒すのも絶妙な力加減動いてくれて 
全くガタつきはありません 素晴らしい!!

アイリリーフも改善されたようです 全モデルを知らんので
何とも言えませんが・・・・
さっきの写真の位置で ストックを中くらいまで伸ばしても余裕で見えます。




覗いてみたのがこんな感じ
空間の上にポツッとレクティルが浮かんでいるかのような鮮明度
流石実物といったところで・・・
このレクティルの位置もブースター側で調節できるのが便利



最後に途中ですがMW3仕様のACR
どうせならXP3も実物ほしい・・・ゴニョ
  

Posted by スケルコ  at 18:11Comments(0)装備品

2014年02月08日

実物 G33ブースター(^ω^)おっ1

唐突にEoTechの実物G33ブースター買いました。
特に深い理由はないんだけど 気が付いたらポチってました( ´∀`)

西濃の遅さにイライラしつつ やっと届きましたのがこちら

箱だよーー!!! 
溢れる高級感!!



専用ハードケースだよ!!
最初開け方わからなかった・・・



こんな感じに収まってるよーー!!



組み立てたらこんな感じー!! 
本物質感さすが!!!



IPhoneで撮影 すごく鮮明!!



レビューは後日 とりあず今日はいじくり倒して遊びます (^ω^)  

Posted by スケルコ  at 01:25Comments(0)装備品

2014年02月07日

ジャガーノート Mk2を作る その1.5

引き続きジャガノ関係の記事なのですが
Mk2版の構想といったところのお話で・・・・



この部分、ジャガーノートスーツのシンボルともいえる ネックアーマーの部分の改良をしたいなと
手探りで作ったので形状やら本体との接続方法とか 色々無駄があるので
一から見直すことにしました

現状はこんな感じで






TAN色のフレームと緑色の装甲部分が3分割になってます。
フレームに装甲板をボルトで留めているだけなのですが
あの頭部を全方位するアーマーの形状を維持するために 
フレームはご覧のとおり 1つの筒状のパーツになっていて
収納がとても大変・・・すごく場所を取ります。

というわけで ここを改良します。
普段なら頭の中でイメージして、はい!完成しました
なんだけど「途中経過載せろ」という声が 本当に寄せられるので
完成のイメージ図だけでもとりあえず・・・・



こんな具合に正面から見た時に、フレームはハの字になるように
もっとどっしりした感じに
フレームを4分割して アーマーでフレームを固定する
いまと逆の方法にする予定

ちなみに、固定のために使うナットは28個
電動工具必要ですね 一緒に買います^p^

なんとか22日、23日の苫小牧のコスイベに間に合わせたい・・・  

Posted by スケルコ  at 00:29Comments(0)ジャガーノート

2014年02月06日

ジャガーノート Mk2を作る その1

ミリタリーテディネタも尽きたので
真面目にブログを書こうと思うます。

かれこれジャガーノートスーツを作ってかれこれ3,4年経ち 
部品の劣化や破損も目立ってきたので
修繕を兼ねて 更新をしようと思います。
また一から部品集めたら10万金が飛ぶので
あくまでも更新・・・更新・・・・

目標としては
・防御姿勢のまま歩けるように、本体内部にモニターを設置する
・着脱時間を30分から15分ほどに短縮
・できれば冷却できるようにしたい

これくらいです。
さしあたり、2番目の着脱の部分から改善していこうと思います。



画像のジャガノは現行のものでボディーアーマーを着るだけでも10工程くらいあります。
構造としてはMTVの上にもう一層アーマーを着こんでいるだけなのですがこの部分の装着が大変なのです。


噂のMTV シャークギア製で単価的には11000円くらい 
コーデュラーナイロンじゃなくて900デニール素材を使っており
コーデュラーと比べると フニャフニャです
良い見方をすると、体によくなじみます、あと安いです。
他社だと3倍します、強度はたぶん大丈夫



メインのアーマー部
写真では1つの部品ですが いまこれがバラバラなので
1つのパーツにして頭からスッポリかぶれるように改良をします。
というわけで、納品待ちなんだけども いま中国が旧正月らしくて
全く音沙汰無  うーーーはよこい。


とりあえず、この部分は置いておいて別の部分を次から改修するよ!!!  

Posted by スケルコ  at 00:01Comments(2)ジャガーノート

2014年02月04日

Military Bear Part2

昨日に引き続き 今日もミリタリーベアーネタ




一生懸命に、針と糸で縫っています。



ナイロンテープだってハサミで切っちゃいます。



コーラが大好きです。


しかし500ml缶には少し背が足りないようです


頑張って作ったので仲間が増えました。


ちなみにこの後A-TACSのクマを作ります・・・いつになるやら・・・・  

Posted by スケルコ  at 20:37Comments(0)雑記

2014年02月04日

Military Bear

今回は最近揃えた装備の紹介をします。
最近、私が勝手にひとりではまって 盛り上がっているんですが

ミリタリーベアーなるものです。
単純に迷彩生地でテディベアーの事を そう呼んでいるだけなのですが
去年末くらいから はまって1人でコツコツ作っています。
とりあえず現状こんな感じで デザートピクセルの子と マルチカムの子がいます。



ちゃんと装備というからには MOLLEに取り付けが可能です。
背中にMOLLE対応のナイロンベルトを縫い付けてあるので
MOLLE1個分でどこにでも取り付けが可能です。

装備品としての主な用途は「癒し」です。
はい、これ重要です。

強力な金具を使っているので ちょっとやそっとじゃ外れないので安心して装備できます。




今年はこいつをプレキャリの背中につけて ふらりとフィールドに出没しようかと思ってたり・・・

穴が開いたり小さくなって切れなくなったBDUがある人は作ってみると良いかもしれないです
ちなみにMOLLE対応かは わかりませんが 
迷彩柄のテディー自体は売っているみたいですね 高いけど
  

Posted by スケルコ  at 00:45Comments(2)雑記

2014年02月02日

実物 フェイスアーマー MTEK G4 FLX PATROL + OPS CORE

元々 プレデターをはじめとした FAST G4シリーズは
MICHに装着することを想定して作られているようなのですが

ヘルメット側に装着するマウントのさえ ヘルメットにネジで固定できてしまえば
基本どのヘルメットにも理論上 装着が可能なので
手元にあったOPS COREに装着してみました。



こんな具合になります。
サイドレールは外さないといけないのですが
ダイヤルライナーを固定していネジをそのまま使用して マウントを固定することができます。
OPS CORE用のサイドレールマウントも有るあったようなのですが今は流通しておらず 残念

OPSCOREの場合 無加工で付くのは パイロットとエントリーの2モデルのみです。
インパクトをベストポジションで固定するには 
ヘルメット側に追加で穴を開ける加工が必要でした。

※写真は無加工の状態でインパクトを付けた状態 目元の隙間が広いです。


今回、使用しているのは
FAST G4シリーズのEntryというモデルで
頬の素材がスベリ止め素材の Gripモデルです。
柔らかく口元を守りながら頬付けをして銃を操作できるのが特徴です。



ヘルメット側のマウント位置はこんな具合
無加工で付くとはいうもののやっぱりできれば専用の穴を開けたいと所・・・
実際に装着してみた写真がこちら



ゴーグルやアイウェアと併用することで顏をほぼガードする事ができます。
フラッシュライトなどをどうしても装着したい場合は
専用のピカニティマウントがオプションであるのでそれを使用すれば 何とかなります。

ちなみに、装備してみた写真はこちら
なんともお見苦しい写真ですが


ばっちりガードできます。
サバゲーで顏をしっかり守りたい人向けです。
実物なので耐久性などは問題なしです。
その分高いですが・・・・・ 欲しい方はご連絡ください  

Posted by スケルコ  at 13:01Comments(2)雑記